プリザーブドフラワーとは特殊な技術をもとに生花のみずみずしさ美しさをできるだけ長い期間楽しめるように作られたお花のことです。
「プリザーブド」とは
英語で”保存された”という意味です。

プリザーブドフラワーとドライフラワーの違い
ドライフラワーは、花や草木を乾燥させて(自然乾燥・乾燥剤などで乾燥)、プリザーブドフラワーは、一旦花の樹液を抜き、特殊なオーガニック系の染料を吸わせ、乾燥させて作ります。
12968720_639516442866983_683235803_n


ナチュラルさを大切にしているので、色も一つ一つ微妙に違っており、均一ではありません。
アレンジメントなどに使っても、自然に見え高級感があります。つまり、フレッシュ(生花)感覚で使うことができるということです。
さらに、フレッシュにはないグリーンやブルーのローズがあり、多彩なデザインが可能です。

 


生花を加工していますので、生花よりちょっと高価です。
メーカーでは美しく咲いているお花を厳選したり、特許技術で加工するなど、丁寧に生産されています。
それにより、生花とほとんど変わらないしなやかさ、みずみずしさ、やわらかさ、美しさを実現しています。